新生児の便秘とは

Sponsored Link

新生児は、通常1日に1〜3回やわらかい便をします。 中には2〜3日に1回という場合もありますが、赤ちゃん(新生児)が苦痛なく排便しているようであれば特に問題はないでしょう。

しかし、赤ちゃん(新生児)が3日以上排便をしないときは、便秘の可能性が高いでしょう。 また、毎日排便があったとしても、便が硬く、赤ちゃん(新生児)が苦しんで排便していたり、肛門を傷つけるような場合も、便秘になっていると思われます。


新生児の赤ちゃんが便秘になるのには、いくつか原因があります。 新生児の便秘の原因を知り、それぞれに合った対策を立てて赤ちゃん(新生児)の便秘を解消してあげましょう。

新生児の便秘の原因と対策

新生児の食事

新生児の便秘の原因でまず、最初に考えなくてはならないのは新生児の食事です。

人工乳の場合は、一度銘柄を替えて見るとすんなり便秘が良くなることがあります。 ミルクの銘柄によって、成分が少しずつ違うため、赤ちゃん(新生児)の体質に合う合わないがあるようです。 また、人工乳の濃さや量を規定どおりに改めてみて下さい。


母乳の場合は、量が不足していることも便秘の原因として考えられます。

体重の増え方が悪かったり、赤ちゃん(新生児)がお乳を離したがらないなどの場合は、母乳不足が考えられますので、人工乳で補う必要があります。


それ以外の場合は、次のような方法があります。

新生児の便秘

母親の食べ物

新生児の便秘の原因の2番目は、母親の食事です。 もちろん母乳を与えている場合です。

母乳には、母親の食事が影響するのは言うまでもありません。

赤ちゃん(新生児)が便秘になる母親の食事で、一番多いのが油ものの取り過ぎです。次に甘いものの取り過ぎです。

いずれの場合も、母乳は、油分・糖分が多く含まれた血液で作られるため、成分はドロドロしていて、すぐに冷めてしまいます。 このような母乳は、赤ちゃん(新生児)のお腹を冷えやすくし、その結果、赤ちゃん(新生児)の腸の働きをを弱め、便秘にする原因となってしまうのです。

また、このような母乳を飲んでいる赤ちゃん(新生児)の便は、白い粒が混じって色も濃くなります。


Sponsored Link



新生児のお腹の冷え

母親の食べ物でも関連していましたが、赤ちゃん(新生児)のお腹が冷えていると、 便秘になりやすくなってしまいます。

赤ちゃん(新生児)の足が冷たい場合、お腹も冷えています。 しっかりと保温をしてあげて下さい。

次のような方法もあります。

新生児が便秘で苦しんでいたら

赤ちゃん(新生児)が便秘で苦しんでいる場合は、綿棒にベビーオイルをたっぷりとつけて、赤ちゃん(新生児)の肛門へ2cmほど入れ、 「の」字を描くように回して下さい。これで、大概は便が出るはずです。

それでもダメな場合は、こより浣腸→イチジク浣腸と試してみて下さい。

Sponsored Link

スポンサードリンク

ひょっとして病気では?

頑固な便秘の場合、病気を疑う必要があります。 生後1週間を経過しても排便しない、母乳が飲めず嘔吐する、お腹が膨れるなどの症状があるときは、腸閉塞ヒルシュスプルング病の可能性もあります。 気になる場合は、かかりつけのお医者さんに診てもらうようにしましょう。


新生児の便秘

Link

BBS7.COM
MENURNDNEXT